カフェの経営者になる

自分らしいカフェを経営する

飲食店経営ならカフェがおすすめ

いつか自分の飲食店をもって経営してみたいと思っている方もいらっしゃることでしょう。小規模でも自分らしさを発揮したお店がモテればそれはとても素敵なことです。そんな希望を叶えるのにおすすめなのが、カフェの経営です。カフェは比較的小規模から始められますし、メニューの種類も少なくても大丈夫です。小さなお店ならばアルバイトなども雇わずにまずは自分や家族だけでも始められますから初心者でもやりやすいでしょう。そうした目標を持った方向けのセミナーや勉強会なども各地で数多く開催されていますので、夢への第一歩として参加してみてはいかがでしょうか。

飲食店は飲食業ではなく接客業

テレビなどで取り上げる飲食店での脱サラなどは視聴率が高いようで、定期的に同じような番組が放映されます。そのような番組では「味が勝負」などと指摘することが多いですが、実際は「味が勝負」ではありません。「味」というものは個人差がとても強いので万人に好かれる味を作ることは不可能です。ですから、「味」は先入観に影響を受けやすいので経営においてはあまり重要視する必要はありません。実は、お客さんが「味」というとき、それはお店の雰囲気を意味していることがほとんどです。たぶんお客さん自身も気が付いていませんが、実態はそうです。そのような実態のとき飲食店の経営で重要なことは接客なのです。それに気が付いた人だけが成功の階段を上ることができます。

↑PAGE TOP