経営者が考える原価率

原価率で経営の利益が決まる

飲食店を経営するうえでの原価率

飲食店を経営するうえで原価率を考えるのはとても重要なことです。原価率とはその商品を提供するのにどれくらいの費用がかかったのかという値です。これを下げすぎると顧客満足度は下がると思いますが、逆に上げすぎると経営困難な直面してきます。では、どれくらいが良いのかはお店の形態に依るところも大きいのですが、だいたい30パーセントから35パーセントくらいが目安になると思います。これを基準に自分のお店は値段で勝負するのか、それとも料理の中身で勝負するのか、お店の特色を出していく基準にもなってくると考えられます。

飲食店を経営しましょう

飲食店を経営するということは、自分の思い通りの店を持つことが出来るということです。成功する為には、開業する場所、必要な従業員数、看板メニュー、仕入先の選定、宣伝広告の方法など様々な面の計画を立てる必要があります。特に、開業する場所は重要です。成功を左右する大きな要因の一つと言ってよいでしょう。人通りの多い場所であるか、競合状況はどうか、駐車場スペースは確保されているか、家賃は近隣相場と比べてどうか等を十分に検討したうえで場所を決定しましょう。成功すれば大きなやりがいと高い収入を得ることが出来ます。十分な計画を立てて、飲食店の経営をはじめましょう。

↑PAGE TOP